完成したのですが、どうも?エンジン下側からオイルが?

滲んでいるのか?気になりましたのでエンジンを下ろして確認していきます。

お預かりした時にもオイル漏れの症状があったような?

Nメカの手でサクサクと作業します。

作業台に移され、全バラの状態に・・・

原因はエンジン下側のボルト一本だけが緩い状態でした。

なんで緩かったのか?わからないのでバラバラに・・・

クランクケースに異常はないので、ガスケットを剥がしケースあたり面を均一にします。

あたらしいケースガスケットを組み込み、ケース合体。

腰上も組み込み、完成。

車体に組み込んで補器類を取り付けます。

こういう時は単気筒エンジンは楽ですね。ただし、ボアアップエンジンのようにオイルクーラーやオイルキャッチタンク、ビッグキャブ等取り付けると結構面倒ですけど・・・

無事エンジン始動。

アイドリングして、各部の点検します。

最後にまたまた試運転して完了ですね。

DSC00838