久しぶりにキタコさんのパーツカタログ見ていたら、
エンジンパーツの中に、他のパーツメーカーが販売していないモノを見つけてしまった。

DLCピストンピンなんです。

DLCとはダイヤモンドライクカーボンの略で、施すことによって耐摩耗性とフリクションロスの低減を大幅に高めた処理方法です。

コレを施したパーツは低フリクションになり、特にピストンピンなどは熱が高まりやすいピストン裏なので、ピンが焼けたりして分解時外しにくいことが多々あります。

DLCピストンピンはそう言うトラブルを避ける為のパーツですね

普段からメンテされる方なら興味引くんですけど?なかなか理解しにくいパーツなんです。

ネバーランドではこういった変わったパーツもストックしています。

ボアアップ時に変更することも可能です。

DSC00769


DSC00770