最近良くご相談されるのですが、パワーアップしたので2次側クラッチ装着したらクラッチレバーがメチャクチャ重たくなったと言う方が増えました。

確かにクラッチディスク枚数が増えたり、強化スプリングを採用していますのでノーマルや強化3枚クラッチのような軽さはありません。

ではどうすれば軽くなるか?

一つの例としてクラッチレバーキットを変更する。

モンキーの場合、装着するパーツが非常にチープなパーツが数多くあります。

安いから悪いと言うわけではありません、かといって高いから良いとも限りません。

その辺りはネットの情報を鵜呑みにするより、実際取り付けている方の意見の方が重要ではないでしょうか?

以前はネバーランドでもアクティブ製ビレットクラッチレバーキットを数多く販売していましたが、いかんせん他ではあまり売れていなくて、そうするうちに廃番の憂き目に。

これの良さはレバー比です。非常に軽くなるように設定されています。

またビレット仕上げなので高級感も持っていました。

なくなったのは残念でした・・・

それでも満足しない方などはやはり居て、もっと良いものはないかと追求されました。

ミニ系のパーツではそう言うものがないので、ビッグバイク系のパーツを詮索。

ゲイルスピード、コーケン、アコサットなどが該当しました。

しかしゲイルスピードはレバー比が大きくキレは良いが重いという、ビッグバイク用でした。

コーケンはレバー比の種類が3種類あり一番軽いのを選択。

使ってみると非常に軽い。これは使える。早速お客様に紹介しました。

使う方が増えて口コミのように売れていきました。

ただ価格がびっくりするくらいの価格です。それでも操作しやすいのですから124ccのエンジンユーザーさんたちには非常に扱いやすくてよく使ってもらいました。

皆さんも2次側クラッチなどでクラッチが重いと思うようでしたら、一度検討してみてはどうでしょうか。

DSC00494


DSC00495


モンキー用にショートレバーも用意されています。但し、ミラーホルダークランプは別売りなので。