出来上がったエンジンを車体に載せて、個々の補器類を取り付けます。

キャブはオーナーさまがこだわっており、ヨシムラTMキャブを取り付けます。

オイルクーラーはフレームマウントのキタコ製に変更します。

ホース取り出しはウルトラクラッチから取り出します。

オイルキャッチタンクもリヤキャリアに取り付けるタケガワZオイルキャッチタンクを取り付け。ブリーザーホースの取り出しに気をつけながら取り回します。

リヤスプロケも28Tに変更。エンジンパワーに見合った減速比にします。お客さまによってはもっと高速側に振る場合もありますが、これも乗り方などで変えます。

Shellアドバンスウルトラ4オイルを注入。

そしてエンジン始動。

エンジンが暖まるまでキャブがグズつきますね。ヨシムラTMキャブの特徴ですね。

ウオタニコイルが付いていますが、タコメーターが動きません。

コレは要改善ですね?

IMG_0967




IMG_0969