先日KOODクロモリシャフトのお話しましたら、アクセス数がアップ!

皆さん、カスタムパーツの事関心高いですね。

今回もビッグバイク、レースの世界では超有名処のTERAMOTO製 T-REVのご紹介します。

エンジン内圧コントロールバルブの事ですが、これはエンジンにとっても非常に良い効果が得られます。

詳しくは寺本自動車商会で検索してください。


モンキーなどをボアアップしてパワーアップ。

ノーマルのパワーより3倍から6倍以上パワーアップするとエンジン内部に高まった圧力が抵抗になります。

いわばそういったものをオイルキャッチタンクに集めるのが普通ですが、T-REVはさらにワンウェイバルブにリードバルブを採用して吐き出されたブローバイガスをクランクケース内に戻さないことでクランクケース内を減圧して、負圧状態を保ちます。

もちろんモンキー125 やカブ125などノーマルエンジンにも対応しています。

その場合はT-REV miniが対応します。

内部構造のリードバルブが3枚から1枚に簡略化して価格もリーズナブルになっています。

要するにこれを取り付けると効果が出るのか?どうか

はっきりと体感できますよ!エンジンフィーリングが変化します。

アクセル戻した時にクランクケース内の内圧がコントロールされるのでエンジンブレーキが柔らかい感覚になります。

シフトタッチの軽減。これはタッチが柔らかくなります。『カチッ!カチッ!』と言う感覚から『スコッ!スコッ!』という感覚に変貌!

取り付けて実感してみて下さい。あなたの走りが変わりますよ!

R16261


上がT-REVmini、下がT-REVです。

違いは内部のリードバルブがminiは1枚。

T-REVは3枚です。