OVERレーシング製OV-36Aフレームを組み立てていきます。

ガンダムのようなメカメカしい骨格です。

フロントフォークも当然のようにテレスコピックのようなフォークではありません。

まずはこのフレームの構造から勉強し直しましょう。

NSF100用のリヤサスペンションを前後に装備しますので、これが取り付くようにショックを取り付けます。

モンキーのタンクなどの外装が取り付くようなスペースなので非常に狭いスペースにメカメカしいパーツが犇めく様に取り付いています。

構造を把握すると「なるほど!」ということが分かります。

しかしさすがにこれは一人では組み付けができません。

2人がかり、いや3人がかりでの組み付ける部分もあります。

フロントアームを取り付けるだけでもピロボールパーツ部分が3か所もあり、考えさせられます。

フレームを裏返したり?して組み付けますが、調整幅の指定があるのでそれに合わせて組み込みます。


リヤアームは片持ちスイングアーム(通称プロアーム)です。

取り付けは簡単ですが、ホイール組み込みもハブシャフトなど別体なのでいろいろ考えながら組み込んでいきます。

スタンドがプロアームですが市販のスタンドが取り付けできません。

なのでエンジンを組み込んで、バックステップまで組み付けてステップスタンドを用意しました。

今日はここまで・・・


r0912

OVERナイトロンを取り付けるだけで問題発生!


フレーム部分を切削してサスペンションに合わせます。

r0913


リヤアームまで組み付けました。


r0915


プロアームです。

r0916

OVERナイトロンが前後取り付けしました。


r0917


おまけ!ナイトロン説明書です。


r0918

フロントアームを組み付けました。

r0919


車体下側からのリンク部分です。

r0920

ピロボールを組み込みます。

r0921

分かりにくいですが非常に精密に造られています。

r0922


r0923

削り出しフロントアームがメカメカしいです。

r0924


片持ちアームですからGP-6タイプのアルミ鍛造ホイールです。

センターロックタイプですね。

r0925

非常にきれいな切削跡ですね。

r0926

ホイールバルブは斜めだしです。拘りですね。

r0927

r0928


タイヤ組付けました。

r0929

ホイール裏側です。


r0930


ホイールをフロントアームに取り付けました。

r0932


アルミステップスタンドで保持しています。


r0933


タケガワコンプリートDOHCエンジンを換装。


r0934


サブアームとDOHCヘッドがぎりぎりです・・・

r0935


バックステップはGPパフォーマンスステップです。

r0936


1mmくらいしかないクリアランスです。OVERクォリティーですね。