車体から下ろしたエンジンを作業台に持ってきました。

エンジンスタンドに載せていよいよ作業開始です。

まずはシリンダーヘッドを外します。カムスプロケットを上死点に合わせて外します。

ナット類を外し、シリンダーヘッドを外します。

一度も分解したことのないエンジンですね・・・

ガスケットが固着していたり・・・

シリンダー、ピストンも外します。

スタッドボルト下側が錆ですごいことに・・・

スタッドボルトもプーラーで外しましょう。そうすることでクランクケースに残っているガスケットのカスも取り除けますから。

続いてクラッチカバーも開けましょう。

こちらもガスケットが固着してカバーをゆっくりと外します。


r0642



r0643


スタッドボルトが錆びて固着しています。


r0644


クラッチカバーも御開帳・・・