久しぶりのDEMOモンキー125のカスタムです。

メーターがタケガワ製では無理でしたので(諸々の条件が出ました)、OPMIDマルチメーターを注文しました。

納期に時間がかかるので、それまでDEMOモンキー125は休憩していました。


ようやくメーターも入荷しました。暖かくなる時期になりましたので、一気に取り付けてみます。

ノーマルメーターを外します。これもメーターだけ外そうとしても難しそうなので、ヘッドランプを外しケースもずらします。

メーターは2本のボルトで外すので、簡単です。カバーを外してステーも取り外します。

OPMIDマルチメーター(以下マルチメーター)にステーを取り付けて接続。

カバーを取り付けてメーター関係は終了。

サブハーネスを取り付けます。難しそうですが、いたって簡単です。

YOU TUBEでOPMIDさんが取り付け動画がありますので、それを参考にすれば簡単です。

ハーネス類も取り付けて、設定します。

ノーマルモンキー125ではそのままで良いのですが、5速クロスミッションが付いていたり、スプロケットが変更していたり、タイヤを変更していれば変更しなくてはいけません。


それらを設定して完成です。

r0547



エンジン始動。時計の設定を行います。時計機能は便利です。

テンプメーター、ギヤポジションインジケーターなど多機能です。

色々楽しめそうです。


ミラーもついていませんでしたので、まずはオフセットミラーアダプターを取り付けて、ハイサイダーミラーを取り付けます。

高級ですね。

r0549



r0548


ツーリングに向けてキャリヤも取り付けました。