Yさまもお帰りになりましたので、少しお時間いただきましょう。

スーパーカブC125をセンタースタンドで保持。

ステップバーを緩め、チェンジペダルを外します。

ギヤシフトスピンドルはグロム、モンキー125、カブC125、CT125も非常に長いスピンドルです。

特にモンキー125やグロムなどではリンクロッドなど使用するタイプではチェンジのタッチにも影響します。

スーパーカブC125やCT125では直についていますが、シフトショックも大きいので、こういうガッチリくんのようなものでスピンドルを保持したほうが良いかもしれません。

スプロケットカバーを外します。

「ガッチリくん」を取り付けましょう。

クランクケース下側ボルト2本を外します。

ガッチリくんをカラー、ボルトで取り付けていきます。別段難しくないのですが、取付ボルトにはカッパーコンパウンドを塗布しながら。

トルクレンチでしっかりと締め付けてカバーを取り付けます。

チェンジペダルを取り付けて、サイドスタンドボルトを締め付けていきます。

完成です。

果たして効果は?


r0389


r0388


カバーを外したところです。

r0390


ガッチリくんを取り付けました。

r0393


r0394