ケースを合体します。

キタコウルトラクラッチキットを取り付けます。

ケースバイケースでキタコウルトラクラッチ、デイトナ5ディスク湿式クラッチを使い分けています。

ご希望があればどちらかを選択することができますよ。

今回はキタコウルトラクラッチを組み込みますが、クラッチディスク、クラッチプレート部分はキタコは非常に優れています。

材質も非常に吟味しているので比べてみると違いが判ります。

ただ4枚クラッチなので(耐久力や排気量でも十分耐えるんですが・・・)5枚クラッチのデイトナを選択するユーザーさんが多いようですが・・・


こちらもサクサクと作業進めます。

腰上はシフトアップボアアップキットを選択。

H断面強化クランクを活かすために同じメーカーで組み込んでいきます。

鍛造ピストンにTP製ピストンリングを嵌め込み、シリンダーを組み付けます。

ハイレボリューションシリンダーヘッドも組み込んでいきます。

カムスプロケット、カムチェンテンショナーも組み込んで完成です。

シリンダーヘッドカバーはシフトアップ製ビレットカバーを選択。

チタンカラーで渋い!カムスプロケットカバーも同様にシフトアップ製ビレットカバーです。

最後にオイルシール類を組み込んで完成です。

ジェネレーターはまだですが・・・


R18193


R18194


R18195