最近はVM26キャブレターからPWK28キャブレターに変更する方が多くなっています。

パワーパンチなどはVM26キャブレターは「ドン!」とくる感じが強いのですが、如何せん燃費があまり良くありません。

モンキータンクでは大体ツーリングで100kmほどで予備タンクに変更しなくてはいけません。

対してPWK28SPLキャブレターでは燃費では断トツの記録を更新することもあります。

28mmですのでパンチも強いのですが、スロットルスプリングが標準では柔らかいので、ミディアムもしくはハードに変更される方が大半です。

ネバーランドではスロットルバルブをメッキからDLC処理、ボディもモリブデンショット処理を施して、張り付き問題に対処しています。


R16786

R16787

黒光りしていますね!

R16788


R16789

ボディ内部がスムーズになりました。


DLCスロットルバルブとモリブデンショット処理されたボディです。

細かいパーツを組みなおしていきます。

R16790


スロットルバルブスプリングも変更しています。

R16791


PWKキャブはレース用ですから構造もシンプルな設計ですし。


4mini系ではお勧めですね。ただし海外製もありますので、ご注意を!