事務員さんのパソコンもSSD化したので、ずいぶん起動も早くなり安定しています。

今までのあの遅い動きとは大違いです。




さてさて今日もガジェットの続きになります。

私のパソコンもSSDの容量がほぼ限界にきたようで、ほぼ目一杯使っているようです。

そんなんで、こちらのSSDも大容量に交換します。

今まで入っているSSDはインテル製で信頼の点からしっかりとしたメーカーの商品を選びました。

というもののホントは安いSSDを購入してすぐに壊れたのは内緒です・・・

もう年数も経っていますがインテル製は価格も高くて、信頼もあるので購入した覚えがあります。

しかし、今回のSSDはADATA製を選びました。

某ショップで非常にお奨めしていたのと、以前にも自宅用のノートパソコンにもADATAのSSDを導入したことがありましたので、こちらを取り付けます。

デスクトップパソコンなので入るスペースも沢山あります。

サイドカバーを外すと久しぶりに見る内部は埃塗れでした。

エアーダスターで軽く吹き飛ばし、内部を点検します。

そういえばこのパソコンには標準のHDD500GBが付いています。

配線を外していたので忘れていました。

SATAケーブルと電源ケーブルを接続したら何とか認識しました。

新たにフォーマットしなおしてこれも使いましょう。

そしてインテルSSDを外して新しいADATA製SSDも用意します。

このSSD同士をまるごとコピーしましょう。

そのための秘密兵器?玄人志向HDDスタンドも用意します。

そしてこのスタンドにSSDを挿すだけで丸ごとコピーしてくれます。

パソコンなしでCLONEボタンを押すだけです。

HDD容量が大きいと時間がかかりますが、少ない容量のSSDでしたので短い時間で完了。

コピーし終わったADATA製SSDをパソコンに接続。

簡単に認識してくれました。

クローン化と言われる所以ですね。


R09681