ボルト加工しながら作業していますので、少しずつ進化しています。

ウオタニコイルも取り付けますが、今までのノーマルフレームからGC-020Type-Sフレームになったのでコイルステーも変更になります。

Type-Sフレームですから3cmロングタイプとはステーも違います。

早速コイルを取り付けます。

良いですね!アルミカラーも削って取り付けボルトも切削します。

コイル取付ボルトは極低頭ボルトを使用しました。

高級感が出ますね。

R05650


オイルクーラーも同時に取りつけます。

ステー部分のボルトも切削します。

フランジを付けてみました。

M8とM6を使用します。

R05649