今日は全国的に寒い日のようで、ここ名古屋でも雪がちらついているようです 

デイトナさんからクラッチアウターハウジングが入荷しましたのでクラッチ側を組み付けます。

土曜日は各メーカーからの出荷パーツが多く入荷しますので、いろいろ仕分けしておきましょう。



作業台に戻ってクラッチを組み込みます。

こちらも組みなれていますが、慎重に組み込んでいきます。

ハウジング、クラッチディスク、プレート、ベアリングを新品にしますのでスパッと切れるクラッチに変貌します。

カバーを取り付けて完成です。

R04571



余談ですが、デイトナのクラッチはタケガワ・ネクトおよびキタコミッションの両方に対応しています。

「なに?違うのか?」違うのです。

メインシャフトの長さやスプラインの切れ込みなど違うためタケガワのミッションにはタケガワスペクラしか付かない。キタコのミッションにはウルトラクラッチしか付かないというデメリットがありました。

デイトナクラッチはその両方に対応しています。ちょっとしたことですが、凄いことなんです。

またクラッチレバーのレバー比が良いので非常にクラッチが軽いのも特徴です。

いちどスペクラとデイトナと軽さを比べてみてください。

デイトナの軽さに驚かれるはずです(タケガワスペクラユーザーは)