あすはSさまとプチツーしますので、急いで製作しました

が!まだまだカスタムする余地が残っています。

あのハードアルマイト処理を施す部分がまだ残っています

肝心な部分を残していましたので、明日無事プチツーが終わればいろいろ依頼し直さないといけません。

今回はフロントフォーク部分もインナーチューブ部分にWPC処理を施しましたが、インナースプリングはハイパープロではなく標準のHRC NSRminiスプリングのままです。

ちょっとハイパープロよりも硬いのでそのあたりの馴染をもたせるまで慣らしですね。

エンジンはネバーランド定番のキタコSE-PRO124ccボアアップキットを採用します

R03375


平凡なシリンダーヘッド形状ですが、壊れにくいしっかりとした造りをしています。

ここ最近はローラーロッカーアームが主流になりつつありますが、これもちょっと問題が出ています。

タケガワさんもデイトナさんも同様ですね

デコンプ付なのでキック始動のモンキーには軽く始動できる点グッドです。

同様にキタコ5速タイプ3はストリート走行に適したギヤ比、壊れないギヤなどタケガワミッションで割れたというトラブルの方にも最適な商品です。

同様にデイトナハイドロクラッチキットも油圧の力で操作できる点ワイヤー式ではできないクラッチの切れがすばらしいです。

またこれを操作するゲイルスピードラジアルポンプマスターは軽い操作で切れるので長距離などでは非常に疲れません

キャブレターはここ最近のネバーランドの定番になりつつあるPWK28キャブです。

セミフラットバルブにDLC(ダイアモンドライクカーボン)処理を施すことによりフラットバルブの欠点を解消しています。

それを支えるハイスロもアクティブ製ビレットハイスロを採用します。

アクセルコーン部分が非常にしっかりと造ってあるのでスロットルのいやなトラブルを解消します

点火系統はこれまたネバーランド定番のASウオタニハイパワーコイルSPⅡを採用しています。

火花の着火率が非常に高いので安定して走ることができます。

R03378