着々とこちらも進行しています。

キャブレターをSE-PROですからPWK28にするのには異論はありませんでした。

乗りやすさからいけばPWKかVMです。

たしかにビッグキャブを付ければドカンというパワーはあるかもしれませんが、元来ずぼらな性格なので(笑)


但し、そのPWKも標準のままでは面白くありませんのでちょいとモディファイしちゃいます。

R00955.jpg



スロットルバルブにDLC(ダイヤモンドライクカーボン)を処理します。


R00956.jpg


メッキスロットルバルブだからこそできるDLC処理なのでこれをしてみました。

本来の目的ではフラットバルブの張り付きを防ぐことが目的なのでこれがきちんと動作するのかを検証してみます。

しかしDLC処理をすればダイアモンドのように硬い硬度になるわけですからバルブが傷ついて張り付くと言うことはなくなるはずですから。

オイルクーラーもセトラブのコアでGクラフトのステーで取り付けます。

R00957.jpg


これNEROは前側のネジ穴と後ろ側のネジ穴の大きさが違うので処理するのも大変です。

IGコイルもASウオタニを採用しますので強力な点火が約束されます。

R01069.jpg


バックステップのピロボールが入荷したので取り付けます。

チェーンをどれにしようか悩んでいるのでこれは後回しですね。

シフトアップのCNCビレットキャリパーが入荷したのでこれも付けましょう。

サポートレスはフローティングディスクピンと干渉しないのでこれもお勧めですね。

R00960.jpg

R00959.jpg