Kさまからご依頼いただいたスケルトンリザーブタンクホースの取り付けます。

このホースとキタコ製タンクレスキットのホースにブレーキフルードを注入して、ホースの状態を確認していますが、キタコホースはホース自体の硬化があり硬くなりますし、ホースから汗をかくようににじみが出ますね。

このスケルトンホースは耐薬品性に優れたホースなんです。ですからホースから滲み出ることはありません。

そんなホースを取り付け。オーナー様のわがままでアクティブブレーキフルードを混ぜて着色しちゃいます。


R16612


R16613


R16615


Oさまもスケルトンリザーブタンクホースを取り付けます。

こちらは通常のブレーキフルードを使用。透明な感じになりました。

R16616


R16617


こんなこともできるんですよ。