デモモンキー125の標準フロントフォークは取り外しました。

ノーマルフロントフォークの腰砕けの柔らかさを改善するために、インナースプリングを交換します。

3タイプの硬さがありますが(5.5N、6.0N、6.5Nに最近7.0Nも追加されました)


ノーマルスプリングが3.8Nなので一番柔らかい?5.5Nを入れてみます。

フォークトップキャップを外そうとしましたが、36mmなのでネバーランドには合うソケット、レンチがありませんでした。

近くにホダカさんという道具・工具の専門店があります。そこで有ったKTCの36mmソケットを購入。

これでトップキャップを外します。

外れたら、フォークオイルを抜きます。

R15666


R15667

結構、走行距離走っていますがきれいでした。

オイルを抜いたらインナーチューブを伸ばして、オイルオリフィス穴に専用工具を挿入。

万力を使用してインナーチューブブラケットを外します。

R15668


R15669

ネジロック材がしっかりと塗っていました。きれいに洗浄しておきます。


R15670


専用工具で外します。