いよいよモンキー125のフロントフォークを交換します。

お客様の作業優先ですので、どうしても遅れてしまいます・・・

まだエンジンも?・・・





倒立フォークのフォーク交換は比較的簡単です。

それでもホイールを外したり、ブレーキキャリパーを外したりとする作業は同じですが。

ただライトステーがステムに付いていますので、フォーク単体で外すのは簡単です。

前後メンテナンススタンドで車体を持ち上げて、作業に入ります。

スタンドはJ-Trip製です。メンテナンススタンドでは超一流品です。

MOTO GPレーサーから一般バイクまで対応していますから。

特にフロントメンテスタンドはローラーが付いていますので簡単に一人でも持ち上げることが可能です。


さてさて、まずはブレンボCNC2Pキャリパーを外します。それだけではキャリパーが外れないので、ディスクローターボルトも緩め・外します。

フロントアクスルシャフトを外します。

一度外していますので緩みやすいですが、タイの作業員は非常に強いトルクで締め付けていますので、注意しながら外さないとボルト・ナットがなかなか外れません。


ホイールまで外せばあとは簡単です。

ステム、トップブリッジのボルトを外せば、スルスルと外れます。

外したフロントフォークのダンピングを手で押してみます。

非常に柔らかい感じで、押し込むとフォークインナーチューブの半分くらいまで沈みます。

フォークオイル?かスプリングか?ただオイルオリフィスが大きいので致し方ないのは判りますが、外したフォークを比較的簡単にモディファイできるよう考えないといけません。


TASCフロントフォークもノーマルフォークのように押してみても、カートリッジダンピングが効いているので、戻りも早い。

トップブリッジ、ステムのボルトも外してカッパーコンパウンドを薄く塗布。


TASCフロントフォークを左右取り付けていきます。

フォーク高さが一致するように、アクスルシャフトを挿入して確認。

TASCステッカーが横を向くようにセット。トップのダンピング調整ボルトの位置もセット。

R15420

まずはフロントスタンドをセットします。


R15421

フロントホイールを外しました。

R15422

右側フォークを交換。カシマコートも赤のボディには違和感ありませんね・・・

R15423

左右交換しました。

R15424

TOPボルトも調整機能付き。

R15425

左側も同様です。

R15426


ホイールまで取り付けました。