久々のモンキー125カスタムです。

ちょこちょこと真新しいモンキー125パーツが販売されていますが、気になるものがあまりなかったのですよ!

タコメーターもノーマルエンジンなのであまり必要に駆られないのですが、時計機能はあれば必要な部類になるのでそういったものを探すと、タケガワΦ48スモールDNタコメーターキットが該当しました。

オレンジLEDタイプにはタコメーター、油温計、時計、ワークタイマー機能と多機能な装備が満載。

専用取付ステーと専用カプラーでボルトオンです。





それでは取り付けていきましょう。

取り扱い説明書をしっかりと熟読して作業に入ります。

専用取付ステーにスモールDNタコメーターを組み付けます。

ラバーマウントになっていますので振動等でも壊れることがありません。

ヘッドライトケースを開けます。

LEDヘッドライトソケットを外し、ライトユニット、ライトケースのボルトも外します。

モンキー125は配線処理もキッチリと位置付けられていますので、ライトケース内もごちゃごちゃすることもありません。

専用カプラーをハーネスの間に挿入。

ここでDNメーターと配線を接続してメーターが作動するか確認。

電源オンでタコメーター照明もチェックモードもOKです。

一度接続を外し、モンキー125のスピードメーターボルトを外します。

外したらタコメーターステーを取り付けます。

タコメーターの配線をライトユニット内に収めて接続。

続いてタコメーター接続配線を繋げます。

IGコイルの線から分岐して接続。タンク内部に沿わせてタコメーターに接続。

ここで再度作動チェック。エンジン始動。タコメーターが動くか確認。異状ないのでタコメーターのADJモードに突入。

設定完了したらライトユニットを取り付け完成です。


R12897


R12896


R12898

アイドリング安定しています。