ジェネレーター側に着手します。

デイトナミドルウェイトアウターローターを使用します。

純正ノーマルフライホイールよりも軽く(約35%軽量)タケガワさんやCFポッシュさん、同じデイトナのレーシングアウターローターよりも重いのでトルクがでます。

軽いばかりでは吹き上がりの点では良いのでしょうが、実際乗っていると半クラッチ多用とか乗りにくい事ばかりです。

サーキット走行や高速ツーリングなどでしたら良いかもしれませんが・・・

ですからネバーランドではこのアウターローターが発売されてからこれ一択です。

そんなアウターローターを取り付けます。

純正ローターとほぼ同じ取り付けですね。

続いて腰上を組み込んでいきましょう。

ピストン、ピストンリングを組み込んでクランクと合体。

シリンダーを組み込みます。

シリンダーヘッドにロッカーアームやカムシャフトを組み込み、こちらも合体。

シフトアップビレットシリンダーヘッドカバーを取り付け、オイルクーラーを取り付けますので、右側に同じくシフトアップオイルクーラー取出し口を組み付けます。

カムスプロケットを組み込んで、タペット調整。

左側カバーを取り付けてほぼ完成です。

タペットキャップが無かった?

R11240


R11241


R11242