Oさまのくまモンモンキーのキャブレター変更です。

安定のVM26キャブレターからPWK28キャブレターに変更します。

VM26キャブは比較的簡単にセッティングもできます。突き詰めていくと限界が見えるのが早いですが・・・

対してPWK28キャブは本来2サイクル用レーシングキャブレターで開発されたので、初期のころにはセッティングに悩まされた時期もありました。

最近はパーツメーカーのキタコさんが4st用にセッティングを施してきたので、扱いやすくなりました。

ただこのPWK28キャブも2st用や海外品ではなかなかセッティングが出ないなどとも聞きます。





さてさてこのキャブレターもスロットルバルブにDLC処理やボディにモリショット処理を施してよりフリクションロスを抑える仕様になっています。

セミフラットバルブではありますので、スロットルバルブの張り付きは気になるところでもありますし・・・



よもやま話はさておき、キャブレターを取り付けます。

PWK28キャブレターはアイドルスクリューが右側にあります。

ので、アイドル調整はモンキーの場合、左出しマニのため調整が面倒くさい・・・

またPWK28のアイドルスクリューが金属ではなく樹脂なのも気になる部分ですけど。

何かの意図が合ってそうしているのでしょうけど?

フェールホースを取り付けてキャブをセットします。数度のキックで始動しますが、アイドリング調整が必要です。

無理やりアイドルスクリューを回すとスクリューのネジ部分を痛めるので、キャブレターを外しスクリューを回す。

アイドリングも決まりバッチリです。

最後にシフトアップエアーファンネルを取り付けて完成です。

R10104

R10103