コンプリートエンジンを換装します。

Nメカがサクサクと組み込みしてくれました。

ノーマルルックのゴリラですが高級なパーツがたくさん取り付けてあります。

それらの中から使えるパーツ交換するパーツなど選別します。

CDIもデイトナデジタルCDIが付いていましたが、ミドルウェイトアウターローターになりますので交換します。

キャブレターもヨシムラYDキャブレターが付いていましたが、こちらも交換します。

まずはネバーランド標準のキャブレターで楽しんでください。ノンセッティングで楽しめますから・・・

エンジンが若干延びたのでフロントフェンダーとエンジンが干渉します。

こちらはヘッドカバーを交換してナットを短いのに変更してみます。

アクセルワイヤーもヨシムラに合わせていましたので、こちらも適切な長さのワイヤーに変更。

マフラーはヨシムラアップマフラーですから、クラッチワイヤーの取り回しを変更します。

エキパイが内側に入っていますので、クラッチワイヤー、プラグコードなどギリギリに干渉しないよう考えます。

エンジン関係が取付できましたので、始動。

キックペダルもシフトアップ製ですが外に大きく逃げているので踏みにくいので変更します。

タケガワZキックスターターアームがありましたので、変更します。

このキックペダルはノーマルアップタイプマフラーには最適な踏み代を確保しています。

ノーマルキックペダルより踏みやすいです。

数回のキックで始動しました。

マフラーの音量が大きいのですが、124ccなのでかな?

まだ細かい部分の手直しが必要です・・・

R09963


ちょっと後ろ下がりみたいですね。

R09959


ちょっとここは考えないといけませんね・・・

R09961