いよいよこのボアアップキットの最大の特徴のピストン組み込みに入ります。

もう今までのブログを読んでもうお分かりと思いますが、キタコSE-PRO124ccボア&ストロークアップキットになります




SE-PROの特徴はこの特徴的なピストンおよびピストンリングになりますね。



R02277




他社のピストンと大きく違うのはキタコ特有のWPC+MOS2加工を施しています


R02278

つまり表面処理をしてフリクションロスを低減するという、より効率的な方法をとっています。

WPC処理はこういった摺動抵抗のある部分に効果があります

滑らかになってロスが無くなるので軽やかなエンジンフィーリングになります。

また従来までの3本リングから2本リングに変更してまで、リング抵抗に拘っています。

トップリングはL型リングという独自の構造です。

R02279


今のキタコのエンジン形態はより高回転エンジンにするよりも、フラットトルクで中高回転域でパワーが発生するのを好んでいます。

シリンダーヘッドにもその傾向がでています。

バルブスプリングをウルトラSEのオプションで製作したシングルバルブスプリングを採用しています。

今までのボアアップエンジンでは考えられなかった部分ですね。



これもキタコ開発・技術のメンバーがMINIMOTO4耐に参加して最新のノウハウを取得した結果です



しかしこの卵型シングルバルブは13,000rpmまでしか使用できませんが、よりバルブの追従性を追い求めたのはキタコ技術のメンバーに拍手を送りたいくらいです



あえてバルブスプリングリテーナーもチタンタイプの軽量を使用せず、耐久性を重視した点、などなど・・・・



しかしそれでも不満の部分はありますが、それを補うくらいの開発期間をかけて製作した、そしてこれを販売したということでマルとしましょう。



横道にそれました。作業に入ります。

ピストンにリングを取り付けます。2本リングなので取り説を読んでリング位置を確認します。

ピンクリップを片側取り付けて、スタッドボルトを取り付けます。

ピストンをクランクに合体。 

R02280